アルミ切削.com

大物のアルミ切削加工から、複合加工・5軸加工、小物マシニング加工・
旋盤加工まで、アルミ加工のことなら アルミ切削.com

072-883-1596,受付時間:平日9:00〜17:00

072-883-1596,受付時間:平日9:00〜17:00

メール問い合わせ

アルミブログ

2020.1.01

アルミの豆知識

アルミのデメリットについて

今回は、アルミのデメリットについて考えてみたいと思います。

 

つい先日の出来事ですが、アルミの材料A5052でロー付けの作業を、ロー付け業者に依頼しました。

その品物を見てびっくりです。品物が溶けて悲惨な状態になっていました。なぜなら、アルミは融点が低い為に、温度管理が必要だからです。アルミの融点とロー材の融点が近いとどちらも溶けてしまう為、ロー材もしっかりと選定することが必要です。

特にA5052は、切削性を良くする為にマグネシウム等が含まれている為、マグネシウムがロー付けに悪影響を及ぼすそうです。

 

私たちが知らない事は、まだまだあるのだと改めて知りました。

 

これ以外にアルミのデメリットとしては、アルミは切削加工しやすく軽量なのですが、材料自体が柔らかい為に、傷が付きやすいと言う事です。素材そのままで使いますと傷だらけになってしまいます。

更に強度的な事を言いますと、鋼材には劣りますので鋼材と同じ強度を得ようとすると、それなりの容積が必要となります。また、アルミニウムは鋼材よりも材料が高価な為、コストメリットが出せません。

溶接構造におきましても、先程のロー付け同様に鋼材と比べて高度な技術が必要になります。したがって、アーク溶接技術等の技術レベルの向上も必要です。

 

このようにアルミにもデメリットがありますが、昨今の情勢としてアルミ合金は、より機能がUPし充実して来ております。さきほど強度は鋼材より低いと説明しましたが、鋼材に近い強度の合金も開発されていると、聞いております。今後ともアルミの需要は増えて行くでしょう。

 

アルミ切削.COMでは、今後とも技術の向上と知識の集積により、皆様に

より良い製品を提供して参ります。アルミの加工は、アルミ切削.COMに是非お声をかけて下さい。

大物のアルミ切削加工から、複合加工・5軸加工、
小物マシニング加工・旋盤加工まで。
アルミ加工のことならお任せください。

今すぐお問い合わせ

072-883-1596072-883-1596(受付時間:平日9:00〜17:00)